プロフィール

はじめまして!

ご訪問いただきありがとうございます。

1歳半差の年子の母で、助産師KONATSUといいます。

助産師の仕事が大好きで、働く時のモットーは『御縁があった人にこの助産師に会えて良かったと思ってもらえるくらいに、誠意を持って心に寄り添うようなサポートを心がける』こと。

グループ病院の産科単科の産院や総合病院の産婦人科、個人病院の産婦人科クリニック、助産院など、様々な産婦人科で勤務。

ママと赤ちゃんとその家族にとっていいことを提供しようと努力している場所、そしてできる経験ならば積んで自分も向上しながら働きたい思いで、独身時代は今だからできることと自由を謳歌(?)してひとところにとどまらず、様々な病院で自分なりの助産師観を育ててきました。

そこから今度は自分が妊娠・出産、そして育児を当事者として経験する側になり、働いていた時のあれこれはほぼ活かせない通用しない世界に来てしまったかのように(笑)、現在は日々体力気力勝負で白目を向きながら奔走しています。

妊娠・出産・育児は繊細な分野で、似ていると思う状況はあっても個人差の幅や感じ方、特に価値観も大きな違いとなるんですよね…

買い物をする時も、ふと気になることがある時も、私も何かと検索魔になるのですが、ネットや本から簡単にたくさんの情報が得られる今。

職業のこともあり偏った考え極端な解釈に繋がりそうな情報も多くあることは、自分が妊娠・出産を経験する前から時々目に止まって気になっていたことがありました。

受け取る側のベースとなる部分やその時々の気持ち、状況にあっていることが最重要だったりするので、真逆の情報が並んでいる状況や知り合いの経験談を聞いたり、通りすがりの人の何気ない一言ですら素直に当てはめてしまい、余計に混乱不安になってしまうママも多いです。

私自身は助産師になったことが自分の助けともなり「本当に有益な情報」や「参考にしてもいいこと」を、「ある程度の取捨選択」「程よい匙加減」で受け取るように意識しています。

でも「もしもまっさらな状態ならばこの情報をどう解釈して受け取っただろうか」と、親としての気持ちも知ったことで「親だからこそ一生懸命すぎるママやその家族が見たらどうなんだろう」がとても気にかかる部分でした。

私も人間なので価値観もあれば個人差、人の相性はあると思うので、合う合わないはあるかもしれません。

でも助産師として知っていることを軸に、私なりの言葉で何か伝えられることはないかと思い、完全手探りの子育て実録も含めながら発信して、読んでくれた誰かにとっての情報の偏りではブレてしまわないような「もっと土台・ベースとなる情報」になることを願いながら書いていこうと思います。

どうにもならないこともたくさんある妊娠・出産と子育てですが、もしも「知らない、わからない」ことが不安なのであれば知って少しでも不安が和らぐように、自分の心が軽やかで楽になるメリットのある情報を選択して拾い上げられるように…

ブログを書くことで私も頭と気持ちを整理して、知識・技術に関することはアップデートしていくように努めていきたいです。

24時間365日母営業、休息らしい時間のやって来ない疲労にはいよいよ敵わないなと思うこともありますが(笑)、今この瞬間を子どもとともに楽しみながらユーモアも忘れずに過ごしたいと思っています。

直接顔を合わす仕事とはまた違った環境ですが、ブログでも素敵で心地よい御縁となることを期待して…どうぞよろしくお願いします♡!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする